利用規約

第1条(利用規約の目的)
1. この利用規約は、合同会社Wizaras投資工学研究所(以下、「当社」という)がインターネットを通じ、一般社団法人先端投資普及協会の協会員向けに提供するサービス『AI Lab 225』(以下、「本サービス」という)の利用を目的とする契約 (以下、「利用契約」という)の内容等について定める。

第2条(利用規約の変更)
1. 当社は、本規約を変更することができる。変更する場合は、契約者に対し、当社が定める方法で通知する。通知後は、変更後の利用規約が適用される。
2. 前項の通知が、何らかの事情により、到達しなかった契約者に対しても、変更後の利用規約が適用される。

第3条(利用契約の申込み)
1. 契約を希望する申込者は、本利用規約に同意の上、当社所定の方法により申し込むものとする。

第4条(利用契約の成立)
1. 当社が前条の申込みを承諾した場合、申込者に対して承諾した旨を、当社所定の方法により通知する。その通知をもって利用契約の成立(利用契約の成立後、申込者は「契約者」という)とする。
2. 当社は、次の場合には、利用契約の申込みに対して承諾しないことがある。
(1) 申込者がこの利用規約に違背して本サービスを利用することが明らかに予想される場合。
(2) 申込者が利用契約のお申込みに際して当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
(3) 前各号のほか、当社が業務を行なう上で支障がある場合または支障が生じる恐れのある場合。

第5条(変更の届け出)
1. 利用契約の申込みの際に本サービス申込に入力した事項について、変更があったときは、その内容を速やかに当社に届け出るものとする。
2. 前項の届け出が当社に到達し、かつ当社が変更の事実を確認するまでは、変更のないものとして本サービスが提供される。

第6条(契約上の地位の処分等の禁止)
1. 契約者は、利用契約に基づく地位を第三者に譲渡し、転貸し、または担保に供することはできない。
2. 契約者は、本サービスを有償または無償で第三者に利用させることはできない。

第7条(本サービスの提供停止)
1. 当社は、当社の設備の保守、工事、法定点検、または障害等やむをえないときには、本サービスの提供を一旦停止することができる。
2. 本サービスの提供を停止するときは、当社は契約者に対し、その旨と停止の期間を事前に通知する。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではない。

第8条(本サービスの提供中止)
1. 当社は、契約者が次の各号のいずれかに該当するときは、何らの催告なしに本サービスの提供を中止することができる。
(1) 契約者が利用契約上の債務の履行を怠ったとき
(2) 第14条(禁止事項)の規定に違反したとき
(3) 第13条(契約者の責任)の規定に違反したとき
(4) 当社が提供する本サービスの利用に関し、直接又は間接に当社、または第三者に対し重大な支障を与えたとき
(5) その他、当社が本サービスの提供を不適当と判断するとき

第9条(本サービスの仕様変更および終了)
1. 当社は、業務上の都合により、契約者に対して既に提供している本サービスの仕様を変更および終了することができる。
2. 当社は、前項において定める本サービスを終了する場合には、その2月前までにその旨を契約者に通知する。ただし、この通知が到達しなかった契約者に対しても、本サービスの終了の効果に影響を与えない。

第10条(ユーザIDおよびパスワードの管理)
1. 契約者は、本サービス利用のためにユーザIDおよびパスワードを使用できる。
2. 契約者は、ユーザIDおよびパスワードの不正使用により、当社あるいは第三者に損害を与えることのないように万全の配慮を講じなければならない。
3. 契約者は、ユーザIDおよびパスワードが第三者によって不正に使用されたことが判明した場合、直ちにその旨を当社に通報しなければならない。
4. 契約者は、ユーザIDおよびパスワードの不正使用に起因するすべての損害について責任を負う。当社は、ユーザID及びパスワードの漏洩、不正使用などに起因して契約者または第三者に生じた損害について、一切の賠償の責を負わない。

第11条(個人情報の取り扱い)
1. 当社は、契約者の個人情報(氏名、メールアドレス等)の取り扱いについては、個人情報の保護に関する法令を遵守するものとする。

第12条(アンケート)
1. 当社は、本サービス向上のために契約者へアンケートを実施することがある。当社は、契約者の承諾する範囲内で、アンケート回答を本サービスの案内ホームページ内および案内書に表示することがある。

第13条(契約者の責任)
1. 契約者は、自らの責任において顧客へ情報を提供および送信するものとし、その内容について責任を負う。

第14条(禁止事項)
1. 契約者は、本サービスを利用して、法令により禁止されている事項もしくは公序良俗に反する事項を行ない、または第三者にこれを行なわせることを禁止する。
2. 契約者は、本サービスを利用するにあたり、次の各号のいずれかに該当する行為、またはその恐れがある行為を禁止する。
(1) 当社あるいは第三者の人格的利益を侵害、または知的財産権を侵害する行為
(2) 当社の本サービスの提供を妨害する行為
(3) 第三者の本サービスの利用に支障を与える行為
(4) 本サービスを利用するために知り得た情報を、本サービスの利用以外の目的に用い、または第三者に開示、提供する行為
3. 契約者は、本サービスを利用するために知り得た情報を、契約中および契約解除後においても、第三者に開示、提供することを禁止する。

第15条(契約者の行なう解除)
1. 契約者は、利用契約の解除を希望する場合、解除の月末日から2ヶ月前までに、当社の指定する方法にて当社へ通知しなければならない。当社の指定する方法以外の利用契約解除通知には、解除の効果は生じない。
2. 当社は、契約者が本サービスに登録した情報を、利用契約解除する日以降に本サービスサーバシステム上から削除する。削除した情報は、再び利用することはできない。

第16条(当社の行なう解除)
1. 当社は、契約者について、次の各号のいずれかに該当するときは、直ちに無催告で利用契約の解除を行なうことができる。
(1) 契約者が、この利用規約の定める義務に違背した場合。
(2) 契約者について破産手続またはその他の倒産手続が開始した場合。
(3) 契約者が、当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
(4) 前各号のほか、当社が業務を行なう上で重大な支障がある場合または重大な支障が生じる恐れのある場合。
2. 当社が本条において定める解除を行なったときは、その利用契約はその解除の通知が契約者に到達した日をもって終了するものする。
3. 当社は、本条において定める解除を行なった場合であっても、その契約者に対する損害賠償請求権を失わない。

第17条(契約期間)
1. 本サービスの契約期間は契約後は契約翌々月末までとし、以降1ヶ月毎に自動更新とする。

第18条(料金)
1. 本サービスの利用料金は、契約者が一般社団法人先端普及協会の協会員の場合は発生しない。

第19条(免責)
1. 当社は、天災、火災、騒乱等の不可抗力、第一種電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合、またはそのほか当社の責に帰すことのできない事由により、本サービスの提供ができない場合に、契約者または第三者に生じた損害について、一切の賠償の責を負わない。
2. 当社は、本サービスの提供により、または本サービスの提供中止、提供停止、仕様変更、終了、利用契約解除により、契約者または第三者に生じた損害、本サービスの利用に関して情報等が破損または滅失、もしくは本サービスから得た情報等に起因して契約者または第三者に生じた損害について一切の賠償の責を負わない。

第20条(管轄裁判所)
1. 利用規約の解釈に疑義が生じた場合、または利用規約に定めのない事項については、契約者と当社は誠意をもって協議、解決する。
2. 契約者と当社は、本利用契約に関し裁判上の紛争が生じたときは、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。

(2018年3月1日改訂)